steel用メモ置き場 ホーム »他
カテゴリー「他」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

PS駅伝お疲れ様でした  

2011/11/4~6に開催された
第3回PS&PS2ドラクエRTAリレー対決にDQ7の解説として参加してきました。



解説担当することを喋らないで、と口止めされていたので事前にコミュトップとかでお知らせすることが出来ませんでした。
まあ終わったので書きましょうか。

とりあえず、DQ7RTAの通しプレイを3人分をまとめて見れる贅沢さ、
ガチ解説含めつつも割と自由にしゃべらせてもらえたのでVIP感が最高でしたね。
自分の持て余した知識が役に立って光栄でございます。
運営さんもしっかりしていたので安心でした。走者・運営・解説・ミラーの皆さんお疲れ様でした。

この大会は第1回はDQ7走者として、第2回もDQ7解説として関わらせていただいたので思い入れの強いイベントです。
第1回からもう1年もたったのが信じられません。あの頃のメンツがこれまた豪華で、
よくこんな大会できたなとダイジェスト動画を見ながら大会当時の思いにふけってしまいます。
これからも大会の存続と、それに伴ってニコ生でのPS作品のプレイヤーが増えて盛り上がるといいですね。

スポンサーサイト

category:

tb: 0   cm: 0

DQRTA各作品の印象  

TL荒らしにならないようにこっちでぼやきます。まあ次に手をだすならどの作品かなーって。
作品別に長所短所思ったことかきますが(たいてい悪口)、すべて自分が所持しているソフトを対象にしています。

DQ1(GBC)
一回チャートをなぞってプレイしたが、レベル上げゲーだなーと。ストーリーも印象が薄い。でもロトの鎧は最高だとおもう。プレイ時間最短なので頭数増やすならもってこい。SFC版と比べてもおそらくクリアタイムは変わらない。

※スーパーゲームボーイでしているが、決定とキャンセルボタンをどちらか一つ、もう片方が二つ設定できる。3つしか対応してないので各ボタンに連射設定はいっているものとそうでないものを用意できないのが悩ましい。また、移動中方向転換すると、振り向き動作が1回入るので例えば、上に進んでいて左に曲がろうとすると左ボタンを2回分押したときようやく左に進むのがストレスになる。2も同様。

DQ2(GBC)
音楽が最高にいい。しかし、1よりレベル上げゲーになってて正直ハーゴン城内をグルグル歩くのは面白くない。
雑魚処理する能力を超えて海底洞窟やロンダルキアなど理不尽な乙がいくらでもある。
人がプレイしているのを見るのが楽しいゲームか。※

DQ3(SFC)
思い出補正のかかった最高傑作。プレイ時間がチョウドイイ。ただ3RTAの配信をあまりに視聴しすぎたため、自分のプレイにも無茶な要求をしだして、どうもストレスが溜まってしまうという有様。メタルゲーの始まり。

DQ4(PS)
少し前まで未プレイだったのですごく新鮮だった作品。が、2章、5章のメタルゲーにウンザリしだして結局3回通しただけで離れてしまった。3章も楽しめないので苦しい。5章のストーリーは好き。

DQ5(SFC)
自分でやると面白いゲーム。逆に人のを見ても退屈なゲーム。グラフィックがしょぼいので最近増えたPS2版に見劣りするが、SFCの音源を生で聴くとすごく心地がいいというね。音楽に関しては思い出補正がかかってるね。打撃をしたときのカチッっていうSEも好きだ。
雑魚処理ゲーなので逃げゲーをやってきた自分には面倒である。全逃げですすんだらレベルが全然足りてないっていうね。

DQ5(DS)
通常プレイは全嫁を試した3週で終了。RTAのロケハンの途中で放置。PS版の4のグラフィックの使い回しでマップをあるくのが不自然に感じたが、まあSFCよりきれいなので満足。DSなので連射ができない。
ピエールやアプールツモの運ゲーが嫌である。その点はSFC版と同じか。

DQ6(SFC)
キャラゲーなとこが好きなゲーム。ただ長いのと道具袋の使いづらさが欠点。道具整理は苦手なのでやるならDS版か。チャートの開拓に関してもここ1年で他のプレイヤーがいろいろこなされたようで自分がはいる余地があまりない。転職案を考えるのが楽しそうだが、タイムに繋がらない上級職チャートに魅力を感じ無いので上級職は使わない。

DQ7(PS)
ここ1年注力してきた作品。思い出補正は3と肩を並べる程高い。1年前はプレイヤーがいなかったのでチャートの様々な部分を開拓してきた。2月の終わりに四精霊までのRTAも達成。通常RTA、中断ありRTAで記録を出すも数日中に更新されてしまい、最速記録を保持できたのはせいぜい5日程度である。とにかく長い。チャートを頭に叩き込むのが一番しんどい作品。体力的にもね。チャートの開拓もそろそろお終いにして次やるとしたら記録狙いしかない状態。ただ、未だに完全版のチャートがかけていない。

DQ8(PS2)
昨年4月に初プレイした作品。美麗なグラフィックと音楽で視覚的には最高傑作。しかし、RTAとなると長時間に渡るメタル狩りがあり、4でメタルが嫌になった自分にはおそらく一番きつい作品。現在プレイ中のDQ9でもそうだが、移動がめんどくさいのも欠点。この2本柱を持った8にはまず手が伸びない。

DQ9(DS)
現在プレイ中の作品。今年1月頃初プレイ。並び替えがなく、隊列で狙われやすさが変わる。SP、テンションシステムを引き継ぎつつ、仲間作成や転職など3に似ている箇所もちらほら。イベントが割とあっさりしていて、よそ見して連打していれば勝手に終わっているので7ほどめんどくさくない。全滅しても全員蘇生でリカバリがかなり楽で戦闘中に死亡しても経験値がもらえるのもいい。が、グラフィックがしょぼい、装備やつよさを見るとき画面に切り替わりが遅い。そしてなにより転職したら呪文を忘れる(特技は引き継ぐ)のが嫌である。
バトルマスターや魔法戦士といった上級職がRTAで使えるのが新鮮。

DQM2ルカ(GBC)
プレイ時間:267時間のデータが残っていたゲーム。クリア後のやりこみ要素の印象が強く、ラスボスってだれだっけというね。ロケハンで爆弾岩のところまでいったが、不思議な踊りといった休み属性の技がないと岩石おとしで無理ゲーになるという。GBC版の1,2と違って方向転換はキー一回で済むので移動のストレスはない。プレイ時間も長くないので気軽にできるかもしれない。仲間ツモが運ゲーか。



もってない作品で気になるのが、DS版の6とPS版のモンスターズかなー。まあ出来る作品多いと企画に参加できたり、他作品のテクニックを応用できたり面白いと思うのでまたその内手を伸ばそうかな。

category:

tb: 0   cm: 0

とりあえず登録  

ブログ書いたことありませーん\(^o^)/
飽きるかもしれないですけど、何度かやってみます。

category:

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

アクセスランキング

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。